AGA治療 » AGAとは?

AGAとは?

最近よく耳にする、AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」を指します。

日本では、1000万人以上の方が抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。これは男性だけでなく女性にも多く見られ、20代の若者のAGAも増えてきています。食生活の変化や睡眠不足、ストレス、加齢などでホルモンバランスの変化が原因とも言われています。

AGAを引き起こす犯人は男性ホルモン?

DHT(ジヒドロテストステロン)AGA(エージーエー)の脱毛部にDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、毛髪の成長を阻害します。近年の研究では、脱毛の原因の9割以上を占めると言われています。思春期以降におもに遺伝的背景をもって出現する進行性の「禿頭症」を指します。
DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛髪の成長を促進するストステロン(Testosterone)が変換されてできたもので、元は同じ男性ホルモンですが、真逆の働きをすることが知られています。つまりDHTが増えると太く成長する前に抜け落ちてしまい、徐々に本数が減っていきます。(5αリダクターゼという還元酵素が、テストステロンと結び付いて、DHTに変換される。)実際には、DHTを受け入れる受容体(アンドロゲンレセプター)の量によって決定されるといわれています。つまりDHTの濃度が濃くてもAGAにならない人がいるということです。

ヘアサイクルの改善がカギ

ヘアサイクル髪の毛は伸びては抜け、また新しく生えることをくりかえしています。これをヘアサイクルと呼んでいます。

通常は、成長期(2年~6年)、退行期(2週間)、休止期(3~4カ月)の3つのサイクルで発毛と脱毛の入れ替わりますが、DHT(ジヒドロテストステロン)によりこの成長期が短く(1年以内)なることでAGAが進行していきます。AGAの治療で目指すところは、DHTの生成を抑えながらヘアサイクルを正常な状態に戻してあげることです。

AGAかどうかは、遺伝子検査をしないとわからないので専門のクリニックでの受診をおすすめします。

育毛シャンプーや育毛剤は全く効かない

AGAが原因の場合、頭皮をいくら清潔にしても、血流を促進しても毛は生えてきません。市販の育毛シャンプーや育毛剤は全く効かないのでご注意を! ⇒男性型脱毛症診療ガイドライン

AGA治療法・治療薬比較

新着掲載口コミレビュー

バイオテック京都駅前サロ
2017-11-01 京都府
 2年前から薄毛が気になり始めて通い始めて3カ月です。月に2回と自宅ケアで毎日シャ......続きを見る
バイオテック宇都宮サロン
2017-10-31 関東
無料体験 抜け毛が気になってきたので無料体験てにいってみました。 かなり警戒していました......続きを見る
湘南メディカルクリニック
2017-10-24 大阪府
プロペシア プロペシアが1800円と聞き受診。 プロペシアの効果は脱毛開始から年数が経って......続きを見る
バイオテック川越サロン
2017-08-20 埼玉
育毛剤 無料体験コースに行ってきました。正直きれいな人が多いと聞いていたので、ちょっと聞......続きを見る
聖心美容外科大宮院
2017-08-15 埼玉
プロペシア +グロースファクター再生療法 AGAと診断され治療することにしました。 脱毛が始まってから早い方が効果が高い......続きを見る
バイオテック静岡サロン
2017-06-22 静岡県
無料体験 もみだし 抜け毛、頭皮の匂いが増えてきたので利用しました。 角栓様物質がたくさん詰ま......続きを見る
バイオテック船橋サロン
2017-06-13 千葉県
無料体験 とても気持ちよかったです。 自分の頭皮や毛髪の状態を知ることができました。 ......続きを見る
湘南美容クリニックAGA
2017-06-11 福岡県
フィナステリド フィナステリド1800円キャンペーンにひかれて相談にいきました。 薄毛にな......続きを見る